VISUALSPACE

CORPRATE INFORMATION

会社概要
企業理念
会社沿革
制作実績
技術実績
自社制作動画
取引先一覧
求人情報
お問い合わせ
個人情報の取り扱いについて
TOP PAGE

社長挨拶
本日4月1日、株式会社ヴィジュアルスペースは設立10周年を迎えることができました。
放送局、広告代理店をはじめとするお取引関係者の皆さま、
長年弊社を支えていただいているパートナーズ企業の皆さま、
華やかにテレビを盛り上げてくださるアナウンサー、タレント、モデル、ナレーターの皆さま、
そして何より私を信じて日々ハードな業務をこなし「企画力・制作力・技術力」を高め続けている
弊社スタッフに心より感謝の意を表します。

この10年を振り返りますとメディア自体も多様化し、テレビを巡る世界も目まぐるしく進化してきました。
2020年の東京オリンピックを目指し、今年は4K/8Kの試験放送が始まります。
2018年には4K実用化放送が始まる予定です。

これまで弊社では「バラエティ・情報・ドキュメンタリー・スポーツ・ドラマ・CM」の制作や
最近では「海外向けコンテンツ」の制作を積極的に進めるなど、放送全般にわたる幅広い業務に携わってきました。
しかし…けれども…にもかかわらず、コンテンツを生み出す上での根っこは、今も昔も何ひとつ変わっていません。
それは「自分たちが見たいものは何か?世の中が見たいものは何か?」
常にこの二つにアンテナを張り、バランスを取りながら具体的に考える…
そこにこの仕事の面白さがあると思います。
自分の頭にしかなかったものを具体的な映像にして公共の電波に乗せて視聴者に伝える。
笑わせたり泣かせたり、時には世界を動かすようなことになったり…。
それこそがテレビ屋の醍醐味だと思います。

我々が目指すのは「ホンキでエンターテイメント!」
秋田、日本、世界に楽しさを全力発信!
カタチにとらわれない柔軟な発想と時代を先どるチカラで見る人を刺激し続けます。

これからも皆さまのご支援、ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

 

平成28年4月1日
代表取締役  成田 佑樹


▲このページの先頭へ